おまとめローンは本当に得なのか?

おまとめローンをする人が増えているようですし、おまとめローンを勧めるCMもよくみかけますので、実際おまとめローンとはどういったものか?本当に特になるのか?ということを調べてみました

そもそもおまとめローンをする必要があるのは、キャッシングのしすぎが原因といえるでしょう。キャッシングの手段にもいろいろとあり、今や簡単にキャッシングができるようになってしまい、利用する人が増えているようですが、キャッシングする前に、しっかりと考えることが必要です。本当に、今必要なお金で、どうしても借りないといけないのか?ということや、また、借りた後の返済プランですね。これを具体的にたてることが必要です。お金は借りるのは簡単ですが、返していくのは、大変です。借りた額よりも多く返さなくてはいけないので、少し困ったといった程度でお金を借りるクセをつけるのはいけないと思います。また、どこでお金を借りるのかというのも大切です。おまとめローンと同じで利率が低いところで借りるのがいいでしょう。そういえば、最近、過払い請求についてもCMが流れていますよね。払い過ぎたお金がもどってくるとあって過払い請求する人が増えているようです。そもそもなぜ過払いということが起こるのか知っていますか?これは出資法と利息制限法という2つの法律の利率の上限の差によってうまれているようです。出資法の利率の上限を超えてしまうと刑事事件に問われるようですが、利息制限法の利率の上限を超えても問われないようです。ですので、貸金業者などはこの出資法の利率の上限スレスレで設定しているところが多かったようなんですよね。そういったローンを利息制限法に基づき計算し直して、払い過ぎていた分を返済にあてることができるようですね。また、長い間、支払い続けていて、過払い金の額が相当なものであれば、元金を返済し終えてなおかつお金がもどってくるといったことがあります。それに、この過払い請求は、完済している借金に対しても使えるようなので、今、過払い請求をする人が多いようですよ。

Comments are closed.