おまとめローンは本当に得なのか?

おまとめローンをする人が増えているようですし、おまとめローンを勧めるCMもよくみかけますので、実際おまとめローンとはどういったものか?本当に特になるのか?ということを調べてみました

債務整理には、特定調停というものもあります。特定調停は任意整理によく似ていて、今後の利息を全てカットして、過払い請求なども同時にでき、その後の返済額を決めるといったものです。任意整理と大きく違う点は、裁判所が間にはいってくれるということです。ですので、債務者に専門的な知識がなくても、弁護士などに依頼するお金がなくても利用しやすいといった利点があります。また、特定調停で弁護士に依頼する場合は、他の債務整理と比べるとかなり安くすむようですよ。しかし、裁判所が必ず債務者側といったことはありません。債権者側になってしまう場合もあるようですよ。また、特定調停で成立後は調停調書というものが作成されます。なので、その後、特定調停で決められた返済を怠ると、ただちに給料などの差し押さえといった強制執行がなされるようです。ですから、特定調停で、今後の支払いを決める際には、月々支払えるギリギリの額ではなく、少し余裕をもたせた金額に設定するのがいいと思いますよ。これは、特定調停だけでなく、任意整理や民事再生にも言えることですね。せっかく債務整理をして、これからの支払い金額などを決めてもまた、守れなくなっては、意味がありません。もう一度、債務整理をすることにもなりますし、債務者の信用もどんどん失ってしまうでしょう。そうならないためにも、長いスパンで考えて支払っていけるということが大切だと思います。お金の返済計画というのはしっかりたてる必要がありますね。

Comments are closed.